FC2ブログ

6月4日 学習としての社会への参加活動

(訪問場所) 朝日新聞大阪本社  
(集合場所) 中之島フェスティバルタワー13F入口

全景3
朝日新聞大阪本社のあるフェスティバルタワー

2集合のようすブログ
13Fに集合してきた皆さん

3 12F展望1ブログ
窓の外の風景

4新聞社入り口ブログ
案内の係の人の声で、朝日新聞大阪本社入口から入場

■グループに分かれて写真の撮影

Aグループ ブログ
Aグループ(1・2・3班)集合写真   




5Bグループブログ
Bグループ(4・5・6班)集合写真   

■アサヒコムホールで、新聞の話とDVD鑑賞

6ホールブログ-ボカシ

 創業時の新聞は手刷り小型印刷機(朝日新聞社入口に展示)を使い、4頁の新聞。漢字には全部読み仮名がつけられ、挿絵が入れられていた。
 現在の東京と大阪の新聞の1面を見比べると、題字の部分や天気予報など違っているところがある。地域により朝刊のみの所もある。

DVD 『ともに考え ともにつくる』
 正確により早く。朝日新聞の考え、企業としてどうあるべきか、ジャーナリズムの使命など。記者は取材の時、取材相手だけでなく、周りの人の話も聞いて客観的に書くことや、問題意識を持って自分の目、耳で取材をする。
 デスク会(記事を選ぶ)→ 編集センター(見出しなど)→ 校閲センター(間違い直し)→ デスク会2回目→ 印刷工場

■見学
 Aコース   12階ロビー → 11階編集局 → 11階地域面 → 10階書庫
 Bコース   11階編集局 → 11階地域面 → 10階書庫 → 12階ロビー 

■12階ロビーへ移動(Aコース) 今と昔の印刷の違い

7昔の印刷ブログ-顔ボカシ
30年前まで凸版印刷。その後オフセット印刷。今は刷版印刷。

10カラー印刷 ブログ-ボカシ
カラー印刷の説明。インクは何色刷りかの質問に答えて4色刷との答え。

9輪転機ブログ
巻取紙。印刷は大阪工場でデータをアルミ板に焼き付けて印刷する。

■11階へ移動 編集局各部署の説明と見学

 新聞が出来るまでの説明。クイズも。記者の7つ道具は?
 入口にカメラマンの道具が置かれている。大きいレンズ。社会部、生活文化部、経済部、デスク会、「声」の部署、スタジオなど、仕事中の横を通りながら説明を聞く。
 記念号外の作成をして下さっているところを見る。書庫を見てホールへ帰る。

■12階ホール

11ホール2ブログ-ボカシ
質問に丁寧に答えてもらう。

13ブログ高大社会参加活動c
記念号外の出来上がり。
朝日新聞社の皆様、分かりやすい案内と説明、号外などのお土産までいただき有り難うございました。
その後、社員食堂で昼食。

14キャノンブログ 
班ごとにキャノンギャラリーへ。

15富士ブログ
その他のフォトサロンなどを班ごとに見学し、CDに連絡して解散。

皆さま お疲れ様でした。      1班 K・A記
スポンサーサイト



プロフィール

76camera2019

Author:76camera2019
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR