FC2ブログ

4月16日 講義のオリエンテーション

 カメラ芸術応用科の授業がスタートしました。

太田先生の自己紹介
 資料「ガイダンス・指導要項2019」を基に、1年間の取組み内容について
 説明して頂きました。
 講義0416_01

■写真に対する先生の考え方
 ・写真にはFO(ファンタスティック・オリジナリティ)が必要.。
  「撮る・見る・魅せる」の考えで、作品を見る人と想いを
  共有できるかが写真表現の大切な要素である。
 ・写真を撮影する場合に、必要な事は「気力・体力・機材力」の
  考えを持って撮影に臨む。

■撮影実技の行動
 ・撮影に関しては自己の考えで被写体と向き合うのが当然のこと。
  そのため班行動は控えて、個人での撮影を重視する。
 ・午前の撮影は講師に付いて歩き直接指導を受ける。
 ・お昼に集合し、午後は終了時まで各自自由撮影とする。

■授業内容について
 1)各自がテーマを決め、テーマに基づいた作品集を制作
   ・作品点数は30点前後とする。(※表題、見出し、解説含んだ枚数)
   ・旅の日記として作っても良い。
   ・授業でプリント、家でプリント、外部でフォトブックを作っても良い。
 2)修了作品展(第二回 「躍」 展)を行う。
   ・社会参加活動の一環として作品展を行う
    2月中に1週間、または2週間行う。
    各自、半切サイズ1点を展示
 3)コーダイフェスタに出展 (高大祭から名称変更)
   ・各自、A4サイズ・フチなしプリント1点を展示
   ・昨年は真四角の白い額を使った。
    持っていない人は、CDに連絡して購入してください。

■撮影実技(年7回)
  ・撮影テーマを決め、テーマに従って写真制作を行う。
  ・テーマ作品2点、テーマ外作品(自由作品)1点を作品研究で講評する。
  ・班別ベスト作品自由討論は(1班・2班)、(3班・4班)、(5班・6班)に分けて、
   A4プリント1枚を全員で自由に意見交換を行う。(家でプリント)
  ・「プリントマニュアル」は昨年度と中味は同じ、
   持っていない人は900円で、CDに言って購入して下さい。
  ・テーマの決定は自由、下記1~9を参考にして選択する事も可能。
   撮影テーマ
    テーマ1: 前ボケ効果・後ボケ効果・パンフォーカス
    テーマ2: 凍結・凝縮
    テーマ3: 広角効果・望遠効果
    テーマ4: パースの誇張・パースの圧縮
    テーマ5: ハイキー・ローキー
    テーマ6: 色彩効果・モノクロ効果
    テーマ7: 順光・側光・逆光
    テーマ8: 熱さ・寒さ
    テーマ9: I like(私の好きなもの)

■プリント作業
  ・修了作品集の作品、コーダイフェスタの作品を印刷する。
  ・プリント用紙(A4)を80枚限度で分割配布、それ以上は個人持ち。
  ・使用インクは高大側で全て負担する。

■ソフトの準備
  ・プリント処理のため、高大ではPSEを使用する。 
  ・PSE14、15、2018、2019は機能はほぼ同じです。
  ・カメラが新しい場合、RAWデータが現像出来ないので、
   最新バージョンが必要となる。
  ・PSEを使う理由は汎用性が有るから使う。
  ・繰り返し使っていって、スキルアップして欲しい。

■撮影テーマについて、プロジェクターで写真を表示して説明
  1)絞り効果
    ・絞り f1.4~f16 の前ボケ、後ろボケ の比較写真
 講義0416_05

  2)レンズ効果
    ・撮影位置を変えて、レンズ1200mm ~ 14mmでの比較写真
     被写体(女性)の大きさが一定になる。
     また、位置を変えているので、遠近感が出ている。
 講義0416_06 

  3)シャッタースピード
   ・物の動きをコントロールするため、シャッタースピードを変える。
    ①シャッタースピードが速い
 講義0416_07

   ②シャッタースピードが遅い
 講義0416_08

■クラスの班分け・自己紹介・役割分担などの説明

 ◆班分け
  ・長岡CDより、1班~6班の班分けを発表 

 ◆役割分担
  ・班毎に役割分担について相談して決定、
   班長、副班長、会計係、広報係(ブログ)、一口レポート係、
   コーダイフェスタ係、コーダイジョイフルゲームズ係
 講義0416_02  

 ◆自己紹介
  ・自己紹介表を基に、班毎に各自1分程度発表
 講義0416_03

 ◆クラス委員長
  ・S水委員長、一年間よろしくお願いします。
 講義0416_04

 ◆緊急連絡表の作成
  ・メールアドレスと携帯番号をCDに連絡してください。
 ◆来週23日はソフト解説(カメラ、PSE、技術解説)
  ・「カメラ芸術応用マニュアル」を使用して説明ですので、忘れない様に。
 ◆連休明けの5月7日は自由作品の作品研究です。
  ・皆さんの取って置きの作品、楽しみにしています。

  レポート:CD 古賀
スポンサーサイト



プロフィール

76camera2019

Author:76camera2019
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR