FC2ブログ

7月23日 コーダイカフェ・理事長と語ろう、夏季懇親会

7月23日 コーダイカフェ・理事長と語ろう、夏季懇親会

コーダイカフェ(旧白熱教室)(午前の部)
・今回は、委員長からの提案で、各自持参した写真作品(A4プリント、
下に各自の思いが記載された文章カード付き)を机の上に広げて並べました。
そして、各写真作品を見て、メンバーが感じたコメントを、各自が小さな付箋紙に記載し、
A4プリント周囲に貼り付けることから、コーダイカフェが始まりました。

机の上に、各自の写真作品(約40作品)を並べました。
コーダイカフェ(作品への思いを語ろう)-01

机の上の、各自の写真作品を鑑賞させて頂きます。
コーダイカフェ(作品への思いを語ろう)-02

皆さんの写真作品に、皆さんドンドン引き寄せられます。
コーダイカフェ(作品への思いを語ろう)-04

皆さん、だんだん夢中になって来られたようです。
コーダイカフェ(作品への思いを語ろう)-03

皆さんの写真作品やその下に記載された作者の思いに惹きつけられます。
コーダイカフェ(作品への思いを語ろう)-16

皆さんの写真作品を元に、メンバー間の会話も弾みます。
コーダイカフェ(作品への思いを語ろう)-17

皆さんの写真作品について、付箋紙(メンバーコメント)を作成します。
コーダイカフェ(作品への思いを語ろう)-14

委員長司会で、各自が自分の写真作品と、頂いた付箋紙コメントに対して答えました。
コーダイカフェ(作品への思いを語ろう)-20

皆さん、ご自分の写真作品の説明に、お話が弾みます。
コーダイカフェ(作品への思いを語ろう)-21

遠くからでも、ご自分の写真作品のご説明にお話が弾みます。
コーダイカフェ(作品への思いを語ろう)-22
今回の作品の中で、一番お金のかかっているのは
(作者は貯めたマイレージで行ったとのことでしたが)
アルプスの鉄道写真かも知れません(素晴らしい写真ありがとうございました)。
色々、楽しい時間を過ごすことができました。
委員長、太田先生、ありがとうございました。

理事長と語ろう(午後の部)
理事長代理も含めて3名の方が来られました。
理事長と語ろうのコピー

ブログ担当メモ:午前中のコーダイカフェより、午後の「理事長と語ろう」の方が、
白熱していました。メンバー(受講生)からコーダイ側への主な要望は以下の3点。
(1)公的支援による受講生負担軽減(理事長の府へのロビー活動要望)について
NPO法人大阪府高齢者大学校(高大)は2009年4月に創立で、
大阪府等の補助金は頂いていないとのことですが、年金生活者には、
コーダイの高い授業料を工面するのが大変です。コーダイ授業料を減らすために、
改めて大阪府等に補助金を頂けるような活動をして頂けませんか?
(2)カメラ芸術の系統的学習環境復活(研究科と創作科の復活)について
(3)クラスブログの公開範囲制限について
ブログ作成が大きな負担ですが、ブログ作成は必須(ノルマ)なのでしょうか? 
太田先生の授業内容(ノーハウを含む)の不特定多数への流出防止や、
写真画像等の肖像権、著作権等の保護について。
上記要望は、7月26日にコーダイ6階の事務局に要望書として提出しました。

太田先生からの修了写真集についてのご説明
クリアホルダー等を使って皆さんの修了写真集を作成するのも自由です。
97218447_20190725204246222.jpg

フォトブック等を使って皆さんの修了写真集を作成するのも自由です。
97218465_20190725204246d15.jpg

これが太田先生の作られた写真集の一例(素晴らしい内容で皆さん感動)
97218494_20190725204249de7.jpg

太田先生からは、修了写真集の作り方(テーマの決め方、写真の集め方、
写真集の構成の仕方や並べ方、更に写真の頭(1枚目)と尾(最後)を決めた後に
どうやって、その途中に入れる写真を決めるか、並べるか等、色々教えて頂きました。

修了写真展のご説明
 場所:天満橋のOMMビル1階のリコーイメージングスクエア大阪
 開催日(変更有り):2020年1月29日(水)から2月10日(月)
 搬入:1月27日(月)16:30〜
 搬出:2月10日(月)16:00〜

夏季課題は以下の2つ
・1テーマで3枚の写真を撮って来ること(9月3日の夏季課題作品研究にて発表)
(太田先生談:今までの作品研究では、提出して頂く3枚の写真はそれぞれ互いに
異なる別々のテーマでもOKとしてきましたが、夏季課題においては、同じ一つの
テーマで3枚の写真を提出して下さい。修了写真集には一つのテーマで30枚以上
の写真が必要になりますので、皆さんにはこの練習をしていただきます)
・修了写真展とコーダイフェスタの展示写真の準備(各自JPEG10枚以上準備すること)
 修了写真展とコーダイフェスタで展示する写真(各1枚、同じでも可)を9月3日に
 太田先生が選定しますので各自10枚以上(20枚でもOK)の写真画像(JPEG)を
 夏休み中(8月中に)用意し、9月3日にUSBメモリーに入れて持参すること。

9月10日の競艇場等での撮影実技について
・フラッシュ(ストロボ)は使用不可。
・三脚や一脚も共に使用不可。
太田先生より競艇の撮影方法(シャッター速度、画面の構成等)等も、
色々教えて頂きました。

授業終了後に夏季懇親会
夏季懇親会

ブログ担当:N(大変なので次回以降、ブログは簡単にしたいですね)
スポンサーサイト



7月16日 プリント実技Ⅰ・プリント研究会

CDよりの連絡事項
 本日の予定 午前:プリント実技Ⅰ 
          午後:プリント研究会・自由討論
 7月23日予定 午前:コーダイカフェ 
           午後:理事長と語ろう
              修了作品集制作解説・夏期休暇課題発表と作品研究解説
           15:30 夏季懇親会
S委員長よりコーダイカフェの進め方について(重要連絡なので冒頭に)
 ・各自が自分の思い入れのある写真を選択してA4サイズにプリント
  作品は公開、未公開いずれでも自由
 ・作品の下に本日配布のカードに写真を撮った理由、心境などのコメントを添付
 ・当日 作者以外の方が自分の気になる作品に対して
      ・どこが気になるか
      ・良い点、改善点
      などを自由に付箋にてコメントする(無記名)

プリント実技Ⅰ(午前)
太田先生よりプリント実技に対して注意事項
・写真の最終形態はプリントであり、如何によい作品に仕上げるかが重要
・まずノズルチェックしてプリンタの状態を把握すること
・プリンタの接続はPCの後部USB端子に接続のこと、サイドのUSB接続では
 PC内にプリンタプロファイルのコピーが増殖する
・テキストをよく読み、マニュアル通りに操作すること

いよいよプリントスタート、まずはテキスト熟読して作業開始
P1060888_079.jpg

真剣にプリント作業中
P1060893_080.jpg

CDも駆り出されて応援
P1060908_081.jpg


プリント研究会・自由討論(午後)
太田先生より進め方について
・午前中でプリントした作品の中から一人1点を机に並べる
・一人一人が自分の気になった作品を選び聞きたいことを作者に質問する
・作者が質問に対して答える
・時間のある限り全員参加

このような形でプリント研究会がスタート
P1060916_082.jpg

まずはよく作品を見て研究
P1060918_084.jpg
P1060917_083.jpg

作者が質問に答える
P1060928_085.jpg

太田先生も自作品に対して応答
P1060932_086.jpg

太田先生を交えて作者と白熱討議
P1060959_087.jpg

S委員長も厳しい質問にタジタジ
P1060985_088.jpg

最後に太田先生がまとめ
P1060988_089.jpg

きれいにプリントするには
・メーカー毎に紙のプロファイルが異なるので正しく合わせること
・ノートPCの場合モニターの角度に注意、一番暗く見える角度(約45度)に調整
 これが合っていないとモニターとプリントの明るさが違ってくる
 (補足 あるいはプリントに近く見えるモニター角度を探すのも一つの方法)
・モニターからプリンタまでのカラーマッチングでは最終的にはプリンタに
 モニターの色温度などを合わせること
 写真のようなRGBのカラーチャートを作成して合わせるのも一つの方法
 機材力を発揮して専用モニターや調整ソフト、カラーモンキーフォト(調整器)
 などを揃えられればベスト
・プリントした作品は5000ケルビンの光で見ること
 照明光としては直射日光でない窓辺の反射光や3波長蛍光灯など
 LED照明は正しい色が見えないのでダメ
・印刷ムラをなくすためには双方向印刷をOFFにしておくこと

午前のプリント実技から始まり午後のプリント研究会と自由討論、太田先生のまとめ
など写真印刷に拘った1日となりました。
太田先生長時間に渡りお疲れ様でした、ありがとうございました。
                                           3班 T.E
 

7月9日 作品研究Ⅲ・班別ベスト作品自由討論③(5・6班)

CDからの連絡事項
 ・本日の予定
       午前 撮影実技Ⅲよりの各班作品研究(テーマ作品2点、自由作品1点)
       午後 班別ベスト作品自由討論(5班・⒍班 A4プリント1点/人)
 ・来週16日の授業予定
       午前 プリント実技(A4サイズプリント:A4プリント用紙10枚配布)
          各自プリント用写真データを持参。修了作品・高大フェスタ用でも良い。
       午後 プリント研究会・自由討論
          プリントした作品を皆で見て討論。自分のイメージとの違いなどを先生から聞く。
          プリント用紙は、後日50枚配布し年間で60枚配布となる。

太田先生より
 ・先週の撮影実技Ⅲは、自身の作品展と重なったが作品展は好評に終えることが
  出来た。展示作品をアルバムにし発刊の要望が有り検討している。
  発刊した時は皆さんの購入を期待している。


1.作品研究Ⅲ(今回は2班の作品と先生のコメントを掲載します)
1)Oさん:テーマ作品1
01外は緑 小原  
 上下の窓のバランスも良く、良い作品である。
・テーマ作品2
02○○○○ 小原
 井戸の蓋を横から旨く撮っており、又タイトルが〇〇〇と良い。チョット明るい。
・自由作品
03光と影 小原
 行燈の影を旨く撮っており良い。影の部分をより広くするとより良くなる。
2)Mさん:テーマ作品1
1お地蔵様
 仏さまを上から見下ろしており、具合が悪い。仏様や仏像は必ず目と同じ高さか下からにする事。
・テーマ作品2
2大乗院2人
 大乗院の橋の映り込みと渡っている2人を旨く撮っており良い。
・自由作品
3布引ハーブ園
 タイトルは中の3人を言っているが、一人立っている人が居り?
3)Sさん:テーマ作品1
01.jpg
 機材力で撮った作品である。しかし、花は定番の正面に立って撮るべき。
・テーマ作品2
02.jpg
 松ぼっくりの飾りを旨く撮っている。
・自由作品
03.jpg
 右に寄りたい。左の傾きが顕著。基準をどこに合わせべきかが大切。
4)Nさん:テーマ作品1
02 Shop街
 定番通りしゃがんで撮っており、又朝で人が居ないのが良い。
・テーマ作品2
03 潜む
 作品として面白いが、ナンバープレートの処理が問題。
・自由作品
04 本日休業
 この銭湯は火曜日が休業、開いていると印象が違ってくる。開いている時に撮りに行ったら?
4)Uさん:テーマ作品
2-5-1 テーマ ぼかし 初夏の香り
 石の質感も良く旨く撮っている。
・テーマ作品2
2-5-2 テーマ ぼかし 雨に映える
 後ろの石の質感が良い。蕾も綺麗に配置されている。
・自由作品
2-5-3 自由作品 一輪の耀き
 睡蓮を綺麗に撮っている。花はもう少し下に配置するように。
6)Mさん:テーマ作品1
水田4-1
 お堂は傾けて撮らない事。
・テーマ作品2
水田4-2
 カメラはもっと下向きにし撮る事。奥の屋根は入れない様にする事。
・自由作品
水田4-3
 カメラブレしている。気を付ける事。
7)Fさん:テーマ作品1
10 古代瓦
元興寺の古代瓦屋根である。写っていない左に年代の違う瓦が有るので、広く撮り差を見せると良い。
・テーマ作品2
11 へい
 写真が傾いている。右に回り撮ると真っ直ぐに撮れる。
・自由作品
12 日本1長い木製流れ橋
 時代劇等にもよく使われる橋である。もう少しクローズアップして端のロープなどが分かる様にすると良い。

2.5・6班ベスト作品自由討論
1)全員がA4プリントされた作品を観賞し、ベストショットを選ぶ。

選定

2)全員がベストショットとして選んだ理由を発表する。
ベスト画像

選定2


3)作者が表現方法などの疑問点を質問し、先生が応答する。
先生講評

 a)動きものを撮影に当たって
 ・ミラーレスカメラは動きものに追いつきにくい。
 ・ミラーレスで1機種のみ動きものに対応できる。ソニーのα9Ⅱだが、50万円と高価。
 ・動きものは被写体にピントが合わないとダメ。
 ・設定としてISOを高感度にして、1/1000秒・F8・ピントは置きピン。
 ・レフ機は横の動きは追従するが、前後方向は合いにくい。
 b)ハイドロフライトの写真
 ・水の動きを止めるのは1/4000秒、波の裏も見えて来る。
 ・写真の合成は、自然に見せる様にして騙すのは良くない。
 c)花火の撮り方
 ・WBは電球色(3200°K)紫や緑の花火が白や黄色くなってしまうため。
 ・ISO 100では、F11を中心に細線にするならF16、太線にするならF8。
  ISO 200では、F16を中心に細線にするならF22、太線にするなtらF11。
 ・ピントはマニュアルで置きピン、シャッタ速はバルブで。
 ・煙を避けるため風上に立つこと
  煙が入った時は、PSEのかすみ除去で有る程度補正できる。
 ・構図は撮っている間見えないので事前に決めておくこと。
 d)目線の高さ
 ・被写体の目の高さに合わせるのが基本。
 ・猫や犬の世界を撮る時は、カートにカメラを載せ撮れば良い。
 ・仏さんを撮る時は、必ず下から撮る。
 f)花の茎の傾き
 ・傾きが30°以下なら写真は横位置、それ以上なら縦位置が良い。
 g)空・山・池の比率
 ・等分比率は駄目。一番表現したい部分の比率を半分以上にすること。

3.CDより来週以降の伝達事項
 1)プリントデータは送付用サイズでは印刷できない。元データを持参の事。
   RAWデータも有れば一緒に持参の事。
   データは、自宅でウイルスチェックを必ず行って来る事。
 2)プリント用紙を渡すので持って帰れるもの(折れ曲がったりしない)を持参の事。
 3)7月23日懇親会有り。出席者の連絡を行う事。
          
                             2班J.N記 

7月2日 撮影実技Ⅲ(ならまち・奈良公園周辺)

(撮影場所)ならまち・奈良公園周辺
(集合時間)近鉄奈良駅 行基菩薩像前 9時45分


◇CDからの連絡事項
 今日は雨が心配でしたが、大丈夫のようです。  
 午後1時に集合の予定をしていましたが、集合は中止にしますので、各班ごとに連絡を取り動いて下さい。
 最終午後3時に駅前に集合してください。

◇先生からの連絡・注意事項
 今日は、自分の持つ思想や哲学により、良いと思う被写体を見つけて撮影する宝探しの場所です。
 他の観光客もいるし、店の意匠登録や民家の人のプライバシーの問題などがあるので、注意して撮影して下さい。道路が狭いので、他の人にご迷惑をかけないように気をつけて下さい。


東向き商店街の方へ出発
 01 s    

古い銀行の前で足がとまり、シャッターを押す。向こうに綺麗な七夕飾り。そういえば7月でした。
  02 s

先生も撮影。場所の選び方が違います。
  03 s

路地を曲がると、ならまちの古い家並みが。
  04 s

世界遺産「古都奈良の文化財」  元興寺  
05s.jpg

雨の後の桔梗の美しさ。
  06 s

かわいい鬼に引きつけられます。
  07 s

庚申堂  災い除けの身代わり申がたくさん・・・
  08 s
 
「ならまち格子の家」や「今西家書院」など美しい日本建築が残されていました。   
  09 s

猿沢の池  ならまちを十分に味わい、宝物を探した一日でした。
10 s

3時に駅前に集合 皆さんお疲れ様でした。
   11 s

  
◇CDからの連絡
  7月9日作品研究Ⅲ(今回の作品) テーマ作品2点 自由作品1点 提出 
 班別ベスト作品自由討論③ 5班6班 A4プリント1枚持参 

                             1班 K・A 記




プロフィール

76camera2019

Author:76camera2019
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR