FC2ブログ

1月28日 作品研究Ⅶ

【配布資料】
 1月28日の予定
 修了作品展担当表
 撮影実技Ⅶ 交通費請求書
 修了作品展 見積書
【CDからの連絡事項】
 ・1月29日より2月10日まで修了作品展が開催されるので、担当表を確認してください。
  2月10日は16時終了で、作品(額は富士クリエイト様より提供)を額ごと持ち帰り可能です。
  持ち帰らない場合は学校に送りますので、2月25日受け取りとなります。
  各班長は送る方の確認をお願いします。
 ・2月4日のプリント実技Ⅲの午前は修了作品集のプリントを優先しますが
  各自午後からの発表用作品A4版1枚は作成してください。
 ・2月25日は修了作品集総仕上げ
  2月18日と3月3日は休校です
  3月10日~11日修学旅行(別途案内します)
  3月17日学習成果発表会、修了式
 ・修了作品展の費用はDM印刷費用が見積もりに追加されますので、メールで
  総額を連絡します。(2月4日集金します。)
【作品講評】
  「皆さんが素晴らしい宝を見つけられたか、拝見させていただきます」
 との、先生のプレッシャーのある発言から講評が行われました。
今回は6班の作品です
 Yさん
01そこのけ
「そこのけ」と言っている状況下はどうかわかりませんが、河鵜の感じは捉えられている。

02櫓
注意の文字は不要、矢印だけにするフレーミングを考えてみること。
注意を入れるなら、縦位置にして矢印とで方向性を意識させると印象が変わるかもしれない。

03願いなびく
もう少しきれいになびいてほしい、シャッタースピードを遅くすること。

Kさん
04_純白の行列_1240
ここまで広く撮っているのは良い。
上の屋根の部分を省くことで、障子の意識がストレートにいくようになる。

05_日光浴する枝_1240
シンメトリーに上手くまとめられているが、広角系のため少し上すぼみになっている。
影にコントラストをつけると、さらに印象が増す。

06_昔を映す鏡_1240
町の感じがよく出ているが、建物を主とするならもう少し引いて撮るほうがよい。
映り込みにするか建物にするか、テーマを選んで撮影すること。

Tさん
7御次の間
8灯り
文字やコードなどのものは省くかできるだけ目立たなくする様にすること。

9小座敷の間
撮り方はこれでよいが、ピントが手前にあっていない。
前の柱がボケると印象が弱くなるので、手前にピントを合わせること。

Oさん
10白馬転倒
なぜ白馬が転倒しているのかわからない点がある。

11雨の参道
下半分または左四分の一でもよい。実像が強いが、映り込みだけのほうが良かった。

12ようおこし
これはこの撮り方でよいが、人物はボケているがこちらを意識しているように感じる。
立ち去るまで待って撮るようにするとよい。

Nさん
「先人の知恵(楔の形)」
13.jpg
14.jpg
15.jpg
一つのものに対する狙いは良いので、楔跡の数に変化をつけることで
面白味を感じさせる見せ方を考えるように。

この後先生の作品を見せていただき、いろいろな質問にも丁寧に答えていただきました。
太田先生ありがとうございました。
                                                           以上
    6班 IY記

              

スポンサーサイト



1月14日 作品研究Ⅵ

1月14日 作品研究Ⅵ
<CDからの連絡>
本日の予定 午前:作品研究Ⅵの前半
      午後:「和田理事長と語ろう」と、作品研究Ⅵの後半
<撮影実技Ⅶの連絡>
 ・1月21日(火) 8:15 「JR森ノ宮駅」駐輪場前集合(雨天決行)で、彦根城他へ行きます。

4班I氏の作品
300-01信仰心1a
太田先生談:朱色の鳥居に記載された氏名や文字は、目立たないようにする方が良いでしょう。
手前のロウソクにピントを合わせると、後ろの鳥居に書かれた文字がボケて目立たなくなると思います。

300-02霊徳の玉 1
太田先生談:狐と、その後ろのロウソクとが、とても良い雰囲気を出している写真ですね。

300-03神様への祈り 1
太田先生談:ロウソクの下にぶら下がった木札には、氏名等が記載されています。
鳥居や、その後ろの狐像をより大きく撮るような構図にすると、氏名等を写真の外に追い出せるかも知れません。

4班K氏の作品
300-01稲荷と狛犬
太田先生談:稲荷と狛犬とのタイトルですが、後ろの狛犬がボケていて判りにくいかも知れません。
もう少し絞りを絞ると、後ろの狛犬もはっきり写りますので、タイトルに更にマッチしたかも知れません。

300-02雨の石段
太田先生談:濡れた石段を上手く活かしていますので、後ろの赤い鳥居が引き立たっています。
縦位置で撮っていたら、更に石段を上がるしんどさも表現できるかも知れませんね。

300-03鋭い目
太田先生談:雰囲気のある写真ですね。
狐の顔の横の左右の空間ですが、明るい左側より暗いの右側の方を、
より広くすることで、更に神秘的な雰囲気を強調できるかも知れません。

4班N氏の作品
300-1-雨に打たれたしっとり感
太田先生談:鳥居の下に水滴は見えますが、あまりしっとり感は出ていないようにも。

300-2-スピード感
太田先生談:スピード感は感じられますね。

300-3-幻想的に撮りたくて
太田先生談:もし天国に続く道と仮定するなら、収束点(鳥居の出口)はもっと大きくする方が良いかも。
写真のような小さい出口では、天国への入り口としては狭すぎるようにも感じられます。

4班Y氏の作品
300-1いっときの静けさ
太田先生談:撮影者の狙いが良く伝わってくる写真です。
バックの鳥居群をもっとぼかしたいですが、カメラとバックの鳥居群との距離が短ければボケ形成は難しいかも。
バックをボケさせるには、被写体に近づき、F値の小さな(高価な)レンズで望遠撮影が効果的です。

300-2キツネ
太田先生談:雰囲気のある写真です。
左側の影(闇)の部分をもっと大きくすれば、更に印象的な写真になりそうですね。

300-3続く道
太田先生談:写真の中に収束点を作成するようにしても良いかも知れません。
広角レンズを使うと、収束点まで続く角度を標準や望遠レンズを使うより鋭くできます。

その後、太田先生が撮された伏見稲荷の写真を見せて戴きました。
さすがプロカメラマンと、皆さんしきりに感心されていました。
ご指導ありがとうございました。
                    ブログ担当 4班 N

10月8日作品研究Ⅴ

10月8日 作品研究Ⅴ
<CDからの連絡>
本日の予定 午前  作品研究Ⅴ(各自テーマ作品2点・自由作品1点)発表
      午後  作品研究Ⅴの続き
           修了作品集・作品展・コーダイフェスタ発表作品相談会
次週以降の予定
  10月11日(金) コーダイジョイフルゲームズ
  10月15日  色見本仕上げ TIFFデータ作成 作品選定と後の色の選定
        プリント業者への持込TIFFデータを作成しますが、授業時間内にはコーダイの
        プリンターでは思ったプリントができないかも知れませんので、可能なら
        自宅プリンター等を使って業者提出用プリント(A4色見本)もご用意下さい。 
  10月 22日  休み
  10月 29日  学習としての社会への参加活動  

※10月後半、学校に集まらないことが多いので、班長さんは班員さんとの連絡を密にして
 ほしい。

<先生から>
  (今回は4班の作品と先生のコメントを掲載します:笑いの絶えない作品研究会でした)
I氏の作品について
01一休みa3
・止まっている車両をどう撮るか?ですが、
 止まってる車両が珍しい車両なら被写体として魅力的かも知れませんが、
 単に止まった車両を撮るだけなら、鉄道写真としては弱いかも知れません。
 止まっている車両を掃除する人等も画面内に入れるような工夫を行えば、
 更に写真が魅力的になると思います。

K氏の作品について
1-01 ハルカスと電車
・鉄道車両への光の当たり方も良く、後ろのハルカスが入って、これでOKです。

S氏の作品について
1-03たいこばし
・映り込みがあることを想定して作った太鼓橋なので、もっと映り込みをしっかり写すようにする
 のが良いでしょう。

Y氏の作品について
1-03家路へ
・頑張って、夕方撮られました。良いと思います。

O氏の作品について
1-01ア-バンノスタルジア
・写真に写っている電車は、画面右側(画面外)へ向かって走っているようにも見えてしまう。
 電車がこちらに向かってくる(こちらに曲がる)と表現するには、こちらに曲がる線路を画面中
 に入れると良い。ハルカスの上の部分を切って(少なくして)、その分だけ電車の下の線路を
 写真に入れると更に良くなるでしょう。

N氏の作品について
2-天まで届け百日紅
・百日紅をもっと大きく撮りたい(右側の枯れた部分は不要)。
 入江泰吉は當麻寺に頼まれたポスター撮影時に植木鉢の寒牡丹を持ってきて写真の構図を
 工夫したそうです。

Y氏の作品
1-1ハルカスを望む
・被写体となる車両に光が当たって綺麗です。良いでしょう。

その他の先生からのコメント
・LED行先表示板の文字を出すには1/60秒以下のシャッター速度にする(高速シャッターでは文字が点になる)
・ピント位置は重要(前景の花に合わせるのか?バックの電車に合わせるのか?ピントは伝えたい所に合わせる)
・不要なモノ(写真意図を伝えにくくするモノ)は、写真の外に追い出す(上下左右に動いて撮影位置を工夫する)
・被写体が電車の場合、「電車が被写体である」と「しっかり意識すること」
 被写体となる電車が、日陰(ビル影等)に入ったらダメ(電車は、ひなたに有り太陽光が当たっているのが良い)
 電車はこちらに向かっている事(ヘッドライトや前照灯が点いているのが良い。後尾灯やテールランプは避ける)
 電車に当たる光(太陽光)を意識する(電車が影にならないように、電車に太陽が当たる時間帯を選んで撮る)
・住吉大社等の厳粛なもの(建物や信仰の対象物等)は、写真中の垂直(例えば柱)は更にきっちり出すこと。
・すれ違う電車を撮る時は、カメラ任せの連続高速連写より、狙っ手の一発撮りの方が「当たり」が多いです。
・写真タイトルは、出来上がった写真(プリント)の中の情報を元に考えること(撮影した時期からは考えないこと)
・撮影時にあと半歩、前後、左右に動けば、もっと良い構図(白い部分が目立たないように)なっただろう
・シャッタースピードが早い写真中の電車が止まってしまう(SSを遅くすれば写真上でも電車の動きが表現できる)
・写真はシンプルに(余計な部分を写真の外に出す、写真が醸し出す意識をもっと明確に出せるように)
・写真中に複数対象物を入れ、互いの対象物同士を比べる(照らし合わせる)ことで、写真が面白くなる(物語性)
 具体的には、撮影対象の池や窓ガラス、壁面等への映り込み、エスカレータで登る人と階段で登る人を並べる等 
・乗り物を流すには、時速分の1のシャッター速度で(時速20Kmなら1/20秒)撮ると良い
・主役の阪堺電車は止めて、脇役の南海電車は流すように撮影するのがポイントです(プロです)
・住吉大社の境内から阪堺電車とその向こうの高架のホームの南海電車の両方の車両を同時に撮るのがポイントです

太田先生ご指導いただきありがとうございました。

                  ブログ担当:授業翌日に復習のため阪堺電車の再撮に行ったN

9月17日 作品研究Ⅳ

<CDからの連絡>
本日の予定 午前  作品研究Ⅳ(各自テーマ作品2点・自由作品1点)発表
         午後  作品研究Ⅳの続き
               修了作品集・作品展・コーダイフェスタ発表作品相談会
次週以降の予定
               来週  プリント実技2回目
              ・・・
    10月15日  色見本仕上げ TIFFデータ作成 作品選定と後の色の選定
             A4の見本を自宅でも試しにとってもらいたい。
                          (思ったプリントができないことがあり、自分の色を自分でも持っておく) 
         22日  休み
         29日  学習としての社会への参加活動  

※10月後半、学校に集まらないことが多いので、班長さんは班員さんとの連絡を密にしてほしい。 
※高大よりの寄付のお願い  是非積極的に参加してほしい。  


<先生から>
来週はお彼岸ですが、まだ30度を超える暑い日が続きそうですね。
前回、ボートレース初体験の方もいたと思いますが 今日はどの様に撮られたかを見ていきましょう。 

    (今回は1班の作品と先生のコメントを掲載します)
I さん

01井上
  距離感が欲しいので街灯又は観覧車をボカすと良い。

02井上
   先の航跡があるので、のんびりした印象になってしまう。

03井上
     構図は良いのだが、前の艇にピントを合わせ後ろをボカす方が良い。
O さん

04荻野
   下から見上げてこれで良い船の撮り方だが、水面の右下がりに気をつける。

05荻野
  橋脚を旨く表現している。テントやホテル入れないよう立つ位置を探す。

06荻野
  アップでよく撮っている。半分日陰で半分日当たりの場所で露出の難しさがある。
I さん

07厳
   しっかりと追い撮し。後ろと前のスペースのとり方良い。

08厳
     良く撮っているが、前方が詰まり後ろがあきすぎで惜しい。

09厳
  頑張って夕方渡し船に乗り綺麗に撮られた。傾きには気をつけて撮ってほしい。
K さん

10久下
   きっちりと撮れているが、シャッターのタイミングが遅く、後ろ姿になっている。

11久下
   おもしろく撮れている。もう少しシャープさがほしい。

12久下
 水面の模様と落ち葉の模様、どちらを見る側に伝えるかを考えて撮ると良かった。
S さん

13柴野 
    船は舳先を入れて撮るのが良いが、船をどう撮るか的を絞りたい。

14柴野
    船の大きさの差が分かるように船の位置を考えると良い。

15柴野
      写真は旨く撮れている。前に空間がほしい。
A さん

16青木
    タイミングは良いが、右がつまり窮屈。

17青木
    左右に分かれる構図は良いのだが、橋脚が傾いている。

18青木
      影の部分を明るくし過ぎている。前が下がっている。
M さん

19前山
     もう少し、左右に広く撮ると良い。

20前山
    モノクロの表現は良い。トーンを綺麗にしたい。

21前山
    空間が前にほしい。

<先生から>
競艇場の場合、前が影になっていることなどをきっちりと押さえることが必要です。
また、水族館のなかはピントが甘くなる。アクリルが濁ってきているので、気をつけて撮影してほしい。
その後先生の撮された写真を見せていただきました。質問にも答えていただきました。有り難うございました。

<連絡>
◇担当者から  10月29日の学習としての社会への参加活動の説明
    8時45分     集合(時間厳守)  奥16Fの建物の1Fに集まる。
   9:00~11:00 見学  セリの場所 一部何軒か開けてくれている。
                看板や買い物をしているところは絶対に写真は撮らないこと。
   11:00~     昼食 本場内(1F・12F)
   午後は各班で修了展にむけてギャラリー見学
◇担当者から  コーダイフェスタについて

   ボラン券  コーヒー、パン、模擬店などで使う。
          買いたい人は来週までに買って下さい。
       バザーで使いたい人は、横の売り場でも売っているので買えます。

その後、修了作品展やコーダフェスタ発表作品の相談会で先生に選定していただきました。
                                         
                                     K.A記

9月3日 夏季課題作品研究

夏休み明け 初めての授業で 皆さん元気に顔を揃えました。

連絡事項
 午前 夏季課題作品研究 撮影実技Ⅳの解説
 午後 展示用作品(修了作品・コーダイフェスタ作品)の選定

◇コーダイフェスタの額は A4スクエアに統一 持っていない方は購入又はCDに連絡してください。
◇修了作品展の展示(1/29~2/10)が早くなったので 10月以降スケジュールがタイトになりますので分らないことはその場で確認してください。
◇展示作品のデータ(RAW・JPG両方保存)は修正・変更等があることもあるので常に持参しておいてください。

夏季課題作品研究
 
 B01.jpg

 
今回は 5班の作品について紹介します。

〇E氏の作品
 テーマ 「海」
 B211.jpg 
 海がテーマなので海をメインの方が
 B212.jpg  
 B213.jpg   
 
〇O氏の作品
 テーマ 「四季の情景」
 全体的に もう少し暗くした方が良い
 B221.jpg
 B222.jpg
 B223.jpg
  
〇K氏の作品
 テーマ 「そぞろ歩記 for 2019」
 竜の顔に見えておもしろい->パレイドリア現象
 B231.jpg
 B232.jpg
 B233.jpg

〇K氏の作品
 テーマ 「鉄道賛歌」
 B241.jpg
 電車が傾いているので修正した方が良い--画面が狭くなるので注意
 B242.jpg
 B243.jpg

〇S氏の作品
 テーマ 「箕面散策」
 B251.jpg  

 B252.jpg

 B253.jpg
 これから 滝から下流に向かって撮って行く?

〇N氏の作品
 テーマ 「節気探訪」 
 良いテーマです。後はいい写真を!!
 B261.jpg

 B262.jpg
 
 B263.jpg


〇M氏の作品
 テーマ 「夏の日 色・彩」
 色が少し不自然
 B271.jpg

 星のピントがあまいー>明るいうちに雲にピントを合わせ マニュアルフォーカスにして ピントリングをテープで固定しておく。
 B272.jpg  

 B273.jpg

 皆さん 最終まで引き続き頑張って写真を撮ってください !!


修了作品・コーダイフェスタ作品の選定
 各班毎に 各人が選んできたデータより 先生と相談して修了作品とコーダイフェスタ作品を選定する。

各班の様子
 他の人も作品が気になるようです。
 B407
 
 先生も作品選びに真剣です
 B04.jpg

 どれが良いかな?
 B211
 
 他の人は順番待ちで 手持ち無沙汰のようです
 B12.jpg



次回 撮影実技Ⅳの解説
集合場所 時間  海遊館入り口前 9時45分 

〇海遊館 
・屈折により 水槽の50cmアクリル板の接着面が見えてくるので 出来るだけ 真正面から撮影する。
・ホワイトバランス:オート ISO:1600MAX シャター優先かプログラム撮影が失敗が少ない。

〇住之江競艇場
・追い写しー>シャタースピード:1/30~1/60秒でシャッター優先で撮ると後ろが流れる。
・スタンド上段では 長いレンズが必要(200mmぐらい)
・日向と日陰では明るさが大きく変わるので絞りに要注意
・ミラーレス 画像確認をしない設定で連写可能

                          5班 SO記
プロフィール

76camera2019

Author:76camera2019
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR