FC2ブログ

5月21日 作品研究Ⅰ・班別ベスト作品自由討論①  

CDより連絡事項
・本日の授業は午前 撮影実技Ⅰよりの各班作品研究(テーマ作品2点、自由作品1点)
          午後 班別ベスト作品自由討論(1班・2班 A4プリント1点)
・5月28日は遠足(1)京都鉄道博物館他(詳細はご案内参照)
 6月4日は社会への参加活動として朝日新聞大阪本社見学および写真展見学
 教室での授業はないので注意のこと
太田先生よりの連絡事項
・6月27日から7月3日まで大阪キャノンギャラリーで「四季故郷」写真展を開催
 6月29日15:00よりトークショーを予定

作品研究Ⅰ
今回は3班作品と太田先生コメントを掲載
Mさん
001魅せられて1
花が画面の真ん中 1/3の位置に、ボケはOK

002可憐1
茎切りはダメ、茎を入れて縦位置で

03絵画1
露出オーバー、廊下の映り込みが欲しい

Kさん
①一番花
原則通り花びら1枚を前に

②ファンタジー
もう少し手前のボケを、サランラップなどでぼかしてみるのもあり

③バラよりアクション
タイミングはよい、後ろをぼかして主役を目立たせる

Tさん
002気高く
もう少し前ボケを大きく、後ろの花はまだ早い

003清楚
バランスが悪い、花の位置は下から1/3

004風のいたずら
池か花かどちらを見せるのか、等分はダメ

Eさん
3-4-1 UFO(テーマ:パースの圧縮)
線が強くてUFOに見えない

3-4-2 宇宙ステーション(テーマ:モノクロ効果)
位置がずれているもっとシンメトリーに、上の空間は半分に

3-4-3 フェイス(テーマ:自由)
丸が大きすぎて窮屈、顔に見えない

KEさん
02一望
右の屋根がないほうが広がり感が出る

03緑に囲まれた
シンメトリー効果でうまく表現している、もう少し暗めに

04可憐
花の向きと位置に要注意

Yさん
02薔薇と太陽
花と太陽の塔を重ねすぎ、もっと離す

03華麗なる姉妹
重なりはよかった、主役をもう少し上へ

04質実なる一族
全体的にうまく撮れている、もう少し左側へ回る


班別ベスト作品自由討論
P1060820.jpg
午後はこんな形でスタート

P1060828.jpg
P1060827.jpg
まずは全員で作品をよく拝見

P1060839.jpg
自分の好きな作品を担当班以外の全員が一言コメント

P1060844.jpg
P1060847.jpg
両CDも参画いただき各作品に一言

P1060857.jpg
最後は太田先生と作者が質疑応答

班別ベスト作品に対して太田先生のコメント概要
・水平垂直は画面の中心でとること、カメラ内の水準器も活用を
・動きを表現するにはあえてバランスを崩す
・バリアングルなどを活用して撮影位置を広げる
・何か面白いものをみつけるのがポイント
・何を撮りたいか、目立つのは1ヶ所でよい
・近接撮影ではピントの合わせ方が重要、マクロでは絞ってもよい
・何を表現したいか、風景かスナップか狙いは一つ
・決定的瞬間とは光と感性と被写体の一致(アンリ・カルティエ=ブレッソン)
・迷えば両方撮る

作品研究Ⅰ、班別ベスト作品自由討論ともに太田先生の的確な講評をいた
だきました。お疲れ様でした。
班別ベスト作品自由討論では作者と作者以外全員が何らかの一言を発する
新しい試みで写真に対する想いが深まったように思いました。
                                        (作成 T.E)

スポンサーサイト

5月14日 撮影実技(Ⅰ) (万博記念公園)

本年度第1回目の撮影会です。

撮影場所:万博記念公園
集合場所:公園中央口前

IMG_8857.jpg

IMG_8856.jpg

先生からのコメントとアドバイス
・今日は曇り空なので花を取るのは絶好の天候です。
 案内図をもとにバラ園、日本庭園内での撮影個所を説明されました。
・撮影に夢中になり、立ち入り禁止場所には絶対に入らないよう、ルール厳守すること。
・台風の影響で、足場の悪い場所がありますので各自十分注意してください。

【バラ園】
IMG_8896.jpg

皆さんの熱心な撮影に太陽の塔も感心しています???

IMG_8898.jpg

日が照ってきたときのシェードを活用しての撮影、皆さん参考になりましたか。

IMG_8897.jpg

先生の撮影を見ながら、質問もされていました。
先生は機材の特徴や使い方を解りやすく説明されていました。

IMG_8909.jpg

【日本庭園】

IMG_8939.jpg

シダレエゴノキの下で、皆さん盛んに撮影していました。


【記念撮影】
定番の場所で、コーダイの小旗までされておりました。
IMG_8993.jpg

【連絡事項】
次回作品研究Ⅰでは各自テーマ作品2点、自由作品1点の3点を提出する。
1班及び2班は自由作品研究としてA4版プリント作品1点を持参すること。

                             6班I.Y記


5月7日 自由作品研究研究・撮影実技Ⅰ解説

長かった10連休も終わり 今日は「令和」最初の授業です。
でも 毎日日曜日で連休も関係なかった方も多かったようです。

■連絡事項
5/14 撮影実技Ⅰ 場所:万博記念公園 (案内資料参照)
5/21 午前 撮影実技Ⅰの作品研究Ⅰ(テーマ作品2点 自由作品1点発表
午後 班別ベスト作品自由討論(1班・2班) A4プリントで発表

■自由作品研究
今回は 5班の作品を紹介します。

◇E氏作品
 12 はなやかに咲く
 *右下のハイライト部が明るすぎる。後ろをもっとぼかすと 桜の花びらが浮き上がる。


 13 春爛漫
 *逆光で小さく光っているからうるさく感じる。後ろをもう少しぼかす。下部の花びらは切れないほうがよい。
 

     14 春の訪れ
 *後ろの人が固まっているが 橋を渡っている所や列をなしている時等を狙うと良い。

◇O氏の作品
    21ぽつんと人が
 *スケール感はあるが人が小さすぎ もう少し稜線や岩の尖り部を大きく出す スケール感を出す人は中央でなく端でもよい。

    22夕景
 *水平が傾いている。白鳥の飛んでいる姿がもう一つ。 タイトルは「夕景」より 「帰巣」が良いのでは

    23プラチナムブルー
 *人がチラチラ見えており もう少しカメラ目線を低くするなどして 人を隠す工夫を。 きれいに仕上がった。

◇K氏の作品
    301睨み
 *顔の部分だけでも良いのでは ->目玉がもっと強くなる。

    302都会の生贄
 *面白い作品です。

    303都会の静寂
 *ステンドグラスの丸みをうまく収めている。面白い場所を良く探しましたね。

◇K氏の作品 (撮り鉄さん) 
    402みやび
 *上の方のコマーシャルビラは入れないで もっとアップでもよい。

    403暗と明 
 *見学者は入れないで車庫の雰囲気を出せる方が良い。

    404窓辺 
 *明るくし過ぎて不自然さを感じる。自然な状態で。

◇N氏の作品
 501_桜と菜の花1_20190507  
 *色に濁りが見られるが? 色味をうまく出せたら雰囲気は良い。

 502_桜と菜の花2_20190507     
 *人が入っている---ここは朝5時頃行かないとダメ。

 503_桜と菜の花3_20190507
 *後ろをもう少しぼかすと いい感じです。

◇N氏の作品
    602至福の時
 *ポツン感がいい。上部の明るい部分はカットした方が良い 高圧電線の部分もカット。

    603梅林の未確認生物
 *これは何だろう? 面白味がある。 後ろの枝は邪魔。

    604穀雨の朝に
 *花が少し遅かった。水滴はきれいなので 花がきれいだともっと良い。

◇M氏の作品
    702待ちわびた開花
 *嫌われる鳥ですがきれいで うまく撮っている。

    703水ぬるむ
 *いいと思います。

    704春惜しむ
 *桜の花の時期が遅いですね!


今年最初の作品研究で 皆さんの 自信作品ばかりで感心しました。
9_130228.jpg 

太田先生の的確な講評を頂き
厳しい評価と受け止められた方 的確なアドバイスと受けとめられた方 もう少し厳しくてもいいと思った方 色々ですが 皆さんは どうでしたか?


■太田先生より撮影実技Ⅰ解説(万博記念公園)
(集合場所) 万博記念公園 中央ゲート前 9時50分
*三脚と必要なレンズを持って来てください
*今は バラの季節で 三脚でしっかり撮影
*撮影時に分らないことは 質問・相談してください
*昼食は 弁当か 内部にレストランがあります
*絞りを変えて どの程度のボケが出るか実感してください
*テーマを考えて撮ってください
*JAF会員は割引があります


授業終了後 16時から 近くの居酒屋さんで 懇親会でした。
今回は 初めてでもあり 班別の座席で 親交を深めるとともに カメラ談議や趣味の話など盛り上がりました。

太田先生の挨拶
 9_181120.jpg


最後に 副委員長の大阪締め で終了しました。

 9_182849.jpg  


                           5班 S.O記

4月23日 使用機材・ソフト解説

 4月23日 使用機材・ソフト解説

■長岡CDからの連絡事項
・5月7日(火)は作品研究です。各自の作品をプロジェクターで投影しますので、各自、写真(テーマは自由)3枚と名札1枚の計4枚のJPEGデータを、5月4日までに各自班長までメール送付お願いします。
・5月7日(火)16:00-18:00は懇親会です。キャンセルは4月26日(金)までに各班長までご連絡下さい。会費は当日集金します。
・5月14日(火)は撮影実技Ⅰで、行き先は万博公園(吹田市)です。
・5月21日(火)は作品研究Ⅰです。撮影実技Ⅰで撮影したテーマ作品2枚、テーマ外作品(自由作品)1枚、名札1枚の計4枚のJPEGをご用意下さい。

■太田先生の授業(カメラ編)
01-授業開始
人間が花を見たとき、人間の脳は花だけをクローズアップして見ています(認識しています)が、カメラではそうした事ができませんので、色々なレンズが必要になりお金もかかります。

02-カメラはお金がかかります
花の撮影にマクロレンズは有用ですが、撮影目的に応じてレンズを何本も買うのは大変です。

03-アクロマートno
例えばクローズアップレンズ(アクロマートを選ぶと周辺部の色にじみが少ない)を使うと、花により近づけます(ワーキングディスタンスを短くできます)し、被写体にカメラが近づいた分、背景を大きくボカすことができます。

エクステンションチューブ
エクステンションチューブ(内部にレンズは入っていません)を使っても花に近づけます(ワーキングディスタンスを短くできます)し、被写体に近づいた分、背景を大きくボカすことができますが(露出もそれほど影響されない)、ピントの合う範囲はかなり狭くなります。ズームレンズにエクステンションチューブを取り付けて、ワーキングディスタンスを短くする(最短撮影距離を短くする)場合は、最初にズームリングで手で回して被写体に大まかにピントを合わせてから、ピントリング(あるいはオートフォーカス)を回して被写体にしっかりピントを合わせるのがコツです。

テレコン
テレコン(内部には凹レンズが入っています)を使うとレンズの焦点距離を大きくできます。2倍のテレコンを使うと、露出が4段分暗くなるので手ブレ等の注意が必要です。

06-可変NDフィルター
NDフィルター(固定、バリアブル)を使うと、日中での長時間露光(例えばシャッター速度30秒等)が可能になります。ND2で露出1段、ND4で2段、ND8で4段分と撮像素子に届く光を弱く(暗く)できます。バリアブルのNDフィルターは便利ですが(ケンコーで5万円程度、アマゾンの中国製で8000円程度)、NDを濃くし過ぎると写真のコントラストが低下しやすいです。

10-ケーブルレリーズ
長時間露光する場合は、カメラブレを防止するため、三脚と共にケーブルレリーズが必要です。無線式、有線式、ブルーツース(スマホ利用)がありますし、タイマーでシャッターを切るのも有用です。一眼レフカメラで長時間露光する時はミラーアップが必要です。

08-レンズフードによる影
レンズフードの影が被写体に重なってしまう場合(カメラに内蔵されたストロボを使用した場合等)がありますが、こうした場合は、レンズフードを外したり、外部ストロボ(あるいはオフカメラストロボ)を使うと良いです。

■太田先生の授業(PSE編)
・PSEの使い方は、「カメラ芸術応用マニュアル」をご覧下さい。
・人に写真を見ていただくにはタイトルは必要です。タイトルは視線の流れに沿って(写真下部の白枠の中央部や右端等)につけるのが普通ですが、それには拘りません。ベストショットのA4プリントのタイトルは無くても良いです。

太田先生より、色々教えていただきました。
受講生一同、頑張って先生についての行きますので、よろしくお願いいたします。   

■長岡CDからの連絡事項
・5月7日(火)の作品研究用のJPEGデータの各班長宛のメール送付は、初めての方は上手く出来ないかも知れません。まずは1枚だけでも試しに各班長宛にJPEGデータの送付を行うようお願いします。
・念の為に自分の写真データ(JPEGやRAW)は自分のUSBメモリーに入れて、毎回授業に持参していただくようお願いします。
 
長岡CD、古賀CD、これからも宜しくお願いします。
                            4班 N記

4月16日 講義のオリエンテーション

 カメラ芸術応用科の授業がスタートしました。

太田先生の自己紹介
 資料「ガイダンス・指導要項2019」を基に、1年間の取組み内容について
 説明して頂きました。
 講義0416_01

■写真に対する先生の考え方
 ・写真にはFO(ファンタスティック・オリジナリティ)が必要.。
  「撮る・見る・魅せる」の考えで、作品を見る人と想いを
  共有できるかが写真表現の大切な要素である。
 ・写真を撮影する場合に、必要な事は「気力・体力・機材力」の
  考えを持って撮影に臨む。

■撮影実技の行動
 ・撮影に関しては自己の考えで被写体と向き合うのが当然のこと。
  そのため班行動は控えて、個人での撮影を重視する。
 ・午前の撮影は講師に付いて歩き直接指導を受ける。
 ・お昼に集合し、午後は終了時まで各自自由撮影とする。

■授業内容について
 1)各自がテーマを決め、テーマに基づいた作品集を制作
   ・作品点数は30点前後とする。(※表題、見出し、解説含んだ枚数)
   ・旅の日記として作っても良い。
   ・授業でプリント、家でプリント、外部でフォトブックを作っても良い。
 2)修了作品展(第二回 「躍」 展)を行う。
   ・社会参加活動の一環として作品展を行う
    2月中に1週間、または2週間行う。
    各自、半切サイズ1点を展示
 3)コーダイフェスタに出展 (高大祭から名称変更)
   ・各自、A4サイズ・フチなしプリント1点を展示
   ・昨年は真四角の白い額を使った。
    持っていない人は、CDに連絡して購入してください。

■撮影実技(年7回)
  ・撮影テーマを決め、テーマに従って写真制作を行う。
  ・テーマ作品2点、テーマ外作品(自由作品)1点を作品研究で講評する。
  ・班別ベスト作品自由討論は(1班・2班)、(3班・4班)、(5班・6班)に分けて、
   A4プリント1枚を全員で自由に意見交換を行う。(家でプリント)
  ・「プリントマニュアル」は昨年度と中味は同じ、
   持っていない人は900円で、CDに言って購入して下さい。
  ・テーマの決定は自由、下記1~9を参考にして選択する事も可能。
   撮影テーマ
    テーマ1: 前ボケ効果・後ボケ効果・パンフォーカス
    テーマ2: 凍結・凝縮
    テーマ3: 広角効果・望遠効果
    テーマ4: パースの誇張・パースの圧縮
    テーマ5: ハイキー・ローキー
    テーマ6: 色彩効果・モノクロ効果
    テーマ7: 順光・側光・逆光
    テーマ8: 熱さ・寒さ
    テーマ9: I like(私の好きなもの)

■プリント作業
  ・修了作品集の作品、コーダイフェスタの作品を印刷する。
  ・プリント用紙(A4)を80枚限度で分割配布、それ以上は個人持ち。
  ・使用インクは高大側で全て負担する。

■ソフトの準備
  ・プリント処理のため、高大ではPSEを使用する。 
  ・PSE14、15、2018、2019は機能はほぼ同じです。
  ・カメラが新しい場合、RAWデータが現像出来ないので、
   最新バージョンが必要となる。
  ・PSEを使う理由は汎用性が有るから使う。
  ・繰り返し使っていって、スキルアップして欲しい。

■撮影テーマについて、プロジェクターで写真を表示して説明
  1)絞り効果
    ・絞り f1.4~f16 の前ボケ、後ろボケ の比較写真
 講義0416_05

  2)レンズ効果
    ・撮影位置を変えて、レンズ1200mm ~ 14mmでの比較写真
     被写体(女性)の大きさが一定になる。
     また、位置を変えているので、遠近感が出ている。
 講義0416_06 

  3)シャッタースピード
   ・物の動きをコントロールするため、シャッタースピードを変える。
    ①シャッタースピードが速い
 講義0416_07

   ②シャッタースピードが遅い
 講義0416_08

■クラスの班分け・自己紹介・役割分担などの説明

 ◆班分け
  ・長岡CDより、1班~6班の班分けを発表 

 ◆役割分担
  ・班毎に役割分担について相談して決定、
   班長、副班長、会計係、広報係(ブログ)、一口レポート係、
   コーダイフェスタ係、コーダイジョイフルゲームズ係
 講義0416_02  

 ◆自己紹介
  ・自己紹介表を基に、班毎に各自1分程度発表
 講義0416_03

 ◆クラス委員長
  ・S水委員長、一年間よろしくお願いします。
 講義0416_04

 ◆緊急連絡表の作成
  ・メールアドレスと携帯番号をCDに連絡してください。
 ◆来週23日はソフト解説(カメラ、PSE、技術解説)
  ・「カメラ芸術応用マニュアル」を使用して説明ですので、忘れない様に。
 ◆連休明けの5月7日は自由作品の作品研究です。
  ・皆さんの取って置きの作品、楽しみにしています。

  レポート:CD 古賀
プロフィール

76camera2019

Author:76camera2019
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR