FC2ブログ

2月25日 修了作品集総仕上げ

午前:修了作品集の総仕上げ
CDより連絡 
◇作品展での記帳者は301名、来場者は450-500名でした。
◇本日午前は、修了作品集の総仕上げです。
◇本日午後に、修学旅行と謝恩会をどうするかについて相談して決めて下さい。
◇3月3日(火)は休講ですので、授業は有りません。

太田先生より
◇作品展の評判は良かったです。皆さんの作品も会場の白壁に良く映えていました。
◇本日午前はプリントの最終日ですので、何か有れば私に相談してください。

受講生談:太田先生、私の修了作品集を見て戴けますか?
02253084_20200226151359be9.jpg

新型コロナウイルスの影響で、皆さんマスクをしています。
02253047.jpg

これが私の修了作品集ですが、どうですか?
02253155.jpg

午後:クラス全員で新型コロナウイルス対策と、太田先生からの講義
委員長より新型コロナウイルス対策について
◇3月10−11日に予定の修学旅行をどうするか?皆さんのご意見をお聞かせ下さい。
 挙手の結果、中止希望が18名で過半数でしたので、修学旅行は中止とします
 3月10日(火)は、修学旅行中止で、ここでの写真の授業も有りません。
◇3月17日の謝恩会をどうするか?皆さんのご意見をお聞かせ下さい。
 挙手の結果、実施希望が多数でしたので、謝恩会は実施とします
 謝恩会の出欠確認は、3月10日までに各班長までご連絡下さい。

太田先生より写真機材等についての講義
02253325.jpg
太田先生談:自分の身長より高い三脚を選ぶことも重要です。
三脚を選ぶ際は、足(パイプ)の太さは、より太い方を選ぶのが良いです。
4段より5段の方が、持ち運びに便利です。
三脚を選ぶ際は、「捻りに強いか?」を確かめることがとても重要です。
捻りに弱い三脚は、長時間露光時にカメラやレンズが揺れやすくブレが発生しやすいです。

02253327.jpg
太田先生談:高い三脚を使えば(1本の足を縮めるだけで)、山の斜面や坂道で撮影する場合
でも撮影者は(しゃがまずとも)立った状態で写真撮影できますし、
夜空で星を見上げるような、上向きの写真撮影も楽になります。
三脚を使っても、カメラ本体のシャッターボタンを使うとカメラブレしますので、
三脚使用時は、必ずケーブルレリーズ(リモートレリーズ)を使うようにして下さい。
WiFiスマホを使って、無線でレリーズ(シャッター)を押すのも有用です。

02253373.jpg
太田先生談:センターポールの無い三脚を使えば、地面スレスレでも撮影できます。

02253408.jpg
太田先生談:
ESTUMIのレインブラケットDXⅡ(E-6722、希望小売価格3,900円)も便利です。

02253423.jpg
太田先生談:レインブラケットDXⅡへの、折り畳み傘の取付方法はこのようになります。

02253468.jpg
太田先生談:レインブラケットに取り付ける傘は、どんなものでも大丈夫ですが、
風等で傘があおられると、カメラが三脚毎倒れてしまうので注意が必要です。

02253526.jpg
太田先生談:
アルカスイス互換のL型プレートを使うと、カメラを90度傾けて固定するのも簡単です。
Amazon等には、中国製の安いアルカスイス互換品も色々販売されていますが、
取付に難がある製品もある(太田先生はリューターでアルミ土台を削って調整された)そうです。
三脚のメーカーと雲台のメーカーは、別々でも問題ありません(カメラネジが一致すればOK)。
自由雲台を選ぶ際は、大きなボールを使ったものが良い(しっかり固定できる)でしょう。

ブログ担当コメント:
キヤノンの通称プロスト(非売品、CPS会員用プロストラップ)はかっこいいです。
プロストのロゴは、今はエンボス(圧着)ですが、昔は刺繍で更にカッコ良かったです!

02253613.jpg
太田先生談:
橋杭岩の写真(日の出や日の入りの写真)を撮るには、ハーフNDフィルターが有用です。

02253636.jpg
太田先生談:ハーブNDフィルターは、使用するレンズの口径に合わせた
ステップアップリング等を介して取り付けることになります。

02253681.jpg
太田先生談:
ハーフNDフィルターも、経時変化で変色する場合がありますので注意して下さい。

02253697 2
太田先生は、LEEのND4(0.6)やND8(0.9)を数枚お持ちだそうです。
ハーフNDでもサイズの小さいのは広角撮影時にケラれますのでご注意とのことでした。

02253732.jpg
太田先生談:
ストロボディフューザー(写真はKenko Tokinaの影とりSFD-26又はSDF-340)も良いです。

02253717.jpg
太田先生談:小型ストロボ(特にハイスピードシンクロできるもの)が有ればとても便利です。

02253778.jpg
太田先生談:ディフューザーは、レンズの先端側に(ストロボからできるだけ遠くに離すように)
取付けると、光も柔らかくなり、被写体表面でのレンズ影の発生も防止できます。
ディフューザーに加えて、レンズフードも取り付けるとディフューザーがレンズから落下しにくくなります。

02253852.jpg
太田先生談:
ストロボの上に、折畳み式のレフ板(銀色、白色)をセットし、ストロボの光を
一度レフ板で反射させてから、被写体を照らすようにすると柔らかい光が得られます。

02253886.jpg
太田先生談:撮影時には小さなLEDライトを持参するのも有用です。
この小さなLEDライトを、被写体を照らす照明とすることもできます。

02253904.jpg
太田先生談:小さなLEDライトを被写体を照らすための照明とする時は、
LEDライトをレンズを周囲を円弧状に動かす(半円状に振る)と、
被写体を照らす光や被写体の影を柔らかくする効果が得られます。

太田先生より
◇次回は3月17日(最終授業日)で、午前に受講生各位のベストショット2枚の講評を行います。
 各自、各班長まで写真2枚(自分で選んだ1番と2番の写真2枚)と、名札の1枚の計3枚の
 JPEファイルを送って置いて下さい。名札に写真2枚のタイトルを書いて下さい。
 講評はJPEG写真で行いますので、写真2枚へのタイトル付与は不要です。
 写真と名札のJPEG画像の大きさは、1240ピクセルx885ピクセルに縮小して下さい。
            太田先生、長岡CD、古賀CD、受講生各位、色々ありがとうございました。
            最後のブログになりましたので、詳し目にしました(4班担当者)
スポンサーサイト



1月29日~2月10日 修了作品展「躍」

カメラ芸術応用科 修了作品展 第二回「躍」を1月29日~2月10日まで、
リコーイメージングスクエア 大阪で開催しました。
皆さんが一年間の学習成果として個性溢れる作品を発表しました。
展示作品数は計43点(先生、CD含む)です。

  ご案内のはがき
修了作品展0218_01 

リコーイメージングスクエア大阪のショールーム
修了作品展0218_02 

ショールーム内の写真展案内モニターに、展示作品をスライドショーで
繰り返し表示して、来場者に案内していただいていました。
修了作品展0218_03 

スライドショーの1作品(T.O氏)
修了作品展0218_04 

写真ギャラリー入口の展示案内(液晶ディスプレイ)
修了作品展0218_05 

リコーの写真ギャラリー入口
修了作品展0218_06 

修了作品展「躍」の受付
修了作品展0218_07 

修了作品展の「ご挨拶」
修了作品展0218_08 

作品展の展示面1
白くて明るい会場に、白のマット・額で作品が際立っていました。
修了作品展0218_09 

作品展の展示面2
修了作品展0218_10 

作品展の展示面3
修了作品展0218_11 

先生の写真クラブ「燦」の生徒さん、見学いただきました。
修了作品展0218_12 

今回の修了作品展は 学習としての社会参加活動 として取組みであり、
写真を通じて高大生がハツラツと躍動している姿を社会にアピールし、
併せて、大阪府高齢者大学校の知名度向上に貢献出来たと思います。

                     レポート:CD 古賀

2月4日修了作品集作品プリントⅢ

CDより連絡事項
午前  修了作品集のプリント。 プリントの遅れている人を優先的に。
     できる限り今回でプリントを完成させてください。
     写真展の費用1人5,830円を集めてください。 
午後  作品を発表し、作品研究をする。 A4版1点。(机を並べ替える)

次週以降
     2月10日 修了作品展最終日、4時に作品撤収。
            額を提供するので、額のまま持ち帰る。袋を用意すること。
            持ち帰らない人の額は高大へ配送する。
     2月11日 祝日
     2月18日 修了作品展振替休講
     2月25日 修了作品集総仕上げ。修了作品展作品返却。 
            修学旅行案内。先生から橋杭岩などの撮影について指導していただく。
     3月3日  休講
     3月10~11日 修学旅行。
            資料の中に先生から提供いただいた「撮影ツアーカメラ準備チェックリスト」
            があるので、その都度必要な物を参考にしてください。
     3月17日 午前 最後の授業。修学旅行の写真の作品研究
            (各自2枚のデータベースを提出) 
            午後 学習成果発表会(修了作品集発表)・修了式
            謝恩会開催について、委員長・班長会で検討してください。
先生より
 プリント作業は今日でぎりぎりです。何か聞きたいことがあったら声かけをしてください。

最終プリントに取り組む
1s.jpg<

先生の応援も得ながら
2s.jpg

マスクの人が多い!!!
3s.jpg 

作品集はこれでいいかな?
4s.jpg

5s.jpg

<午後の作品研究>
先生より
 これから全員で15分くらい写真を見ます。
 その後は質問のある人が発言し、それに答える形で進めていきましょう。

皆さんの力作を見ます
6s.jpg

7s.jpg

質問に答えます
8s.jpg

9s.jpg

10s.jpg

先生も参加
11s.jpg

Kさんより 撮影会の案内(参加、不参加は自由)
 2月18日はカメラ芸術応用科の休講日です。
 皆さんで園田競馬場に撮影に行きませんか?集合は競馬場正門前12:30です。
 (先生からの助言)
 競馬では先頭の馬を撮ること。
 あまり速いシャッターを切らないこと。馬を止めてしまわない。
 1/250~1/125で撮れたら良い。

委員長より
 3月17日に懇親会をしますので、よろしくお願いします。

                      1班  K・A記

1月28日 作品研究Ⅶ

【配布資料】
 1月28日の予定
 修了作品展担当表
 撮影実技Ⅶ 交通費請求書
 修了作品展 見積書
【CDからの連絡事項】
 ・1月29日より2月10日まで修了作品展が開催されるので、担当表を確認してください。
  2月10日は16時終了で、作品(額は富士クリエイト様より提供)を額ごと持ち帰り可能です。
  持ち帰らない場合は学校に送りますので、2月25日受け取りとなります。
  各班長は送る方の確認をお願いします。
 ・2月4日のプリント実技Ⅲの午前は修了作品集のプリントを優先しますが
  各自午後からの発表用作品A4版1枚は作成してください。
 ・2月25日は修了作品集総仕上げ
  2月18日と3月3日は休校です
  3月10日~11日修学旅行(別途案内します)
  3月17日学習成果発表会、修了式
 ・修了作品展の費用はDM印刷費用が見積もりに追加されますので、メールで
  総額を連絡します。(2月4日集金します。)
【作品講評】
  「皆さんが素晴らしい宝を見つけられたか、拝見させていただきます」
 との、先生のプレッシャーのある発言から講評が行われました。
今回は6班の作品です
 Yさん
01そこのけ
「そこのけ」と言っている状況下はどうかわかりませんが、河鵜の感じは捉えられている。

02櫓
注意の文字は不要、矢印だけにするフレーミングを考えてみること。
注意を入れるなら、縦位置にして矢印とで方向性を意識させると印象が変わるかもしれない。

03願いなびく
もう少しきれいになびいてほしい、シャッタースピードを遅くすること。

Kさん
04_純白の行列_1240
ここまで広く撮っているのは良い。
上の屋根の部分を省くことで、障子の意識がストレートにいくようになる。

05_日光浴する枝_1240
シンメトリーに上手くまとめられているが、広角系のため少し上すぼみになっている。
影にコントラストをつけると、さらに印象が増す。

06_昔を映す鏡_1240
町の感じがよく出ているが、建物を主とするならもう少し引いて撮るほうがよい。
映り込みにするか建物にするか、テーマを選んで撮影すること。

Tさん
7御次の間
8灯り
文字やコードなどのものは省くかできるだけ目立たなくする様にすること。

9小座敷の間
撮り方はこれでよいが、ピントが手前にあっていない。
前の柱がボケると印象が弱くなるので、手前にピントを合わせること。

Oさん
10白馬転倒
なぜ白馬が転倒しているのかわからない点がある。

11雨の参道
下半分または左四分の一でもよい。実像が強いが、映り込みだけのほうが良かった。

12ようおこし
これはこの撮り方でよいが、人物はボケているがこちらを意識しているように感じる。
立ち去るまで待って撮るようにするとよい。

Nさん
「先人の知恵(楔の形)」
13.jpg
14.jpg
15.jpg
一つのものに対する狙いは良いので、楔跡の数に変化をつけることで
面白味を感じさせる見せ方を考えるように。

この後先生の作品を見せていただき、いろいろな質問にも丁寧に答えていただきました。
太田先生ありがとうございました。
                                                           以上
    6班 IY記

              

1月21日 撮影実技Ⅶ

 撮影実技Ⅶ
行先:彦根城・近江八幡 (88観光バスで移動)
集合:森ノ宮駅駐輪場前 (8時15集合)
   33名参加で、8時20分出発

太田先生より、注意ポイント
  B011_082720.jpg

彦根城ーーカタチ(日本の美)を意識して  近江八幡ーー風情を
宝物探しをしていただきたい


彦根城
外周をぐるっと回って撮影します。途中、玄宮楽々園(有料)があります。
ここの池の水面に天守閣が映り込みます。
各班ごとに昼食を取り、バスは13時に出発します。
天気予報では最初は曇り空でしたが、雨も降らず途中からは日もさして、
日頃の行いがよかったのかも。
  B013-8.jpg

何か宝物を見つけたようで、沢山の人が集まって撮影していました。
  B012 2-1


玄宮楽々園の池ですが、工事で水が抜かれて天守閣の映り込みは撮れませんでした。
  B014-12.jpg


宝物を見つけたようですね。
  B01616.jpg

新しい撮影方法ですか? 結果が楽しみです。
  B017 -17


近江八幡
堀を中心に散策して宝物を見つけてください。
鳥居を出た正面に西洋建築の様式と、日本の伝統技術をとり入れ建築された
歴史的文化遺産の白雲館があります。
  お堀の橋の上から
  B018 -26
  白雲館
  B20-28.jpg

途中、鮎家の郷により土産などの買い物。


最後に太田先生より
今回の作品テーマは、3点とも共通でも、1点づつだけでもOK。
今回は被写体を探すのに苦労されたと思いますが、
撮影機会を多くたくさん写真を撮って、どこへ行っても被写体を見つけられる広い見識習慣が
必要です。

来週、修了作品展の作品の搬入があります。委員長・班長さんのご参加よろしくお願いします。

17時半過ぎ、全員無事に梅田解散場所に到着後、解散しました。
みなさんお疲れ様でした。

                                   5班 SO記
プロフィール

76camera2019

Author:76camera2019
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR