FC2ブログ

9月17日 作品研究Ⅳ

<CDからの連絡>
本日の予定 午前  作品研究Ⅳ(各自テーマ作品2点・自由作品1点)発表
         午後  作品研究Ⅳの続き
               修了作品集・作品展・コーダイフェスタ発表作品相談会
次週以降の予定
               来週  プリント実技2回目
              ・・・
    10月15日  色見本仕上げ TIFFデータ作成 作品選定と後の色の選定
             A4の見本を自宅でも試しにとってもらいたい。
                          (思ったプリントができないことがあり、自分の色を自分でも持っておく) 
         22日  休み
         29日  学習としての社会への参加活動  

※10月後半、学校に集まらないことが多いので、班長さんは班員さんとの連絡を密にしてほしい。 
※高大よりの寄付のお願い  是非積極的に参加してほしい。  


<先生から>
来週はお彼岸ですが、まだ30度を超える暑い日が続きそうですね。
前回、ボートレース初体験の方もいたと思いますが 今日はどの様に撮られたかを見ていきましょう。 

    (今回は1班の作品と先生のコメントを掲載します)
I さん

01井上
  距離感が欲しいので街灯又は観覧車をボカすと良い。

02井上
   先の航跡があるので、のんびりした印象になってしまう。

03井上
     構図は良いのだが、前の艇にピントを合わせ後ろをボカす方が良い。
O さん

04荻野
   下から見上げてこれで良い船の撮り方だが、水面の右下がりに気をつける。

05荻野
  橋脚を旨く表現している。テントやホテル入れないよう立つ位置を探す。

06荻野
  アップでよく撮っている。半分日陰で半分日当たりの場所で露出の難しさがある。
I さん

07厳
   しっかりと追い撮し。後ろと前のスペースのとり方良い。

08厳
     良く撮っているが、前方が詰まり後ろがあきすぎで惜しい。

09厳
  頑張って夕方渡し船に乗り綺麗に撮られた。傾きには気をつけて撮ってほしい。
K さん

10久下
   きっちりと撮れているが、シャッターのタイミングが遅く、後ろ姿になっている。

11久下
   おもしろく撮れている。もう少しシャープさがほしい。

12久下
 水面の模様と落ち葉の模様、どちらを見る側に伝えるかを考えて撮ると良かった。
S さん

13柴野 
    船は舳先を入れて撮るのが良いが、船をどう撮るか的を絞りたい。

14柴野
    船の大きさの差が分かるように船の位置を考えると良い。

15柴野
      写真は旨く撮れている。前に空間がほしい。
A さん

16青木
    タイミングは良いが、右がつまり窮屈。

17青木
    左右に分かれる構図は良いのだが、橋脚が傾いている。

18青木
      影の部分を明るくし過ぎている。前が下がっている。
M さん

19前山
     もう少し、左右に広く撮ると良い。

20前山
    モノクロの表現は良い。トーンを綺麗にしたい。

21前山
    空間が前にほしい。

<先生から>
競艇場の場合、前が影になっていることなどをきっちりと押さえることが必要です。
また、水族館のなかはピントが甘くなる。アクリルが濁ってきているので、気をつけて撮影してほしい。
その後先生の撮された写真を見せていただきました。質問にも答えていただきました。有り難うございました。

<連絡>
◇担当者から  10月29日の学習としての社会への参加活動の説明
    8時45分     集合(時間厳守)  奥16Fの建物の1Fに集まる。
   9:00~11:00 見学  セリの場所 一部何軒か開けてくれている。
                看板や買い物をしているところは絶対に写真は撮らないこと。
   11:00~     昼食 本場内(1F・12F)
   午後は各班で修了展にむけてギャラリー見学
◇担当者から  コーダイフェスタについて

   ボラン券  コーヒー、パン、模擬店などで使う。
          買いたい人は来週までに買って下さい。
       バザーで使いたい人は、横の売り場でも売っているので買えます。

その後、修了作品展やコーダフェスタ発表作品の相談会で先生に選定していただきました。
                                         
                                     K.A記

スポンサーサイト



9月10日 撮影実技Ⅳ(大阪港周辺と住之江競艇場)

(集合場所)海遊館入り口前
(集合時間)9時45分
(スケジュール)10時~13時:大阪港周辺(海遊館内含む)
          14時~15時:住之江競艇場

先生からの注意事項
   非常に暑くなっているので、水分補給を行うなど体調管理に十分注意してください。
   特に冷房の効いた海遊館に入らず、周辺を撮影する場合は、班単位または複数で行動し
   異常を感じた場合すぐに対応できるようにしてください。
   
(海遊館入り口前に集合、注意事項等説明)
IMG_1261a.jpg

(雲は秋の気配ですが、抜けるような青空、暑いです)
IMG_1266a.jpg

(目的地に向け移動)
IMG_1263a.jpg

(渡船乗り場前、出航時間まで日陰で休憩です)
IMG_1284a.jpg

(渡船上から安治川上流を望む)
IMG_1296a.jpg

(折り返し戻る人、桜島川に残り付近を撮影する人、しばしの別れです。向こうはバイキングオリオン号)
IMG_1299a.jpg

(午後からは住之江競艇場に移動、開場まで時間待ちです)
IMG_1368a.jpg
各自撮影条件確認、相談に忙しそうです

先生からは
シャッター速度優先、追い写しは直線1/60Sec,コーナーでは1/30Sec
ISOはAUTO,背景処理に注意するなど事前に注意がありました。

(白熱のレースに難しいながら、熱心に撮影です。その一例)
IMG_1533a.jpg

IMG_1431a.jpg
   
2レース観戦後、入り口にて解散、皆さんお疲れさまでした。

先生からの連絡事項
9月17日の作品研究Ⅳには各自3点(テーマ作品2点、自由作品1点)を提出。
修了作品展の写真選定まだの人は早急に選定してください。
選定した人もRAW画像の処理を進め、(RAW+JPEGのデータ持参で)相談しに来てください。
                                                         
 6班 IY記

9月3日 夏季課題作品研究

夏休み明け 初めての授業で 皆さん元気に顔を揃えました。

連絡事項
 午前 夏季課題作品研究 撮影実技Ⅳの解説
 午後 展示用作品(修了作品・コーダイフェスタ作品)の選定

◇コーダイフェスタの額は A4スクエアに統一 持っていない方は購入又はCDに連絡してください。
◇修了作品展の展示(1/29~2/10)が早くなったので 10月以降スケジュールがタイトになりますので分らないことはその場で確認してください。
◇展示作品のデータ(RAW・JPG両方保存)は修正・変更等があることもあるので常に持参しておいてください。

夏季課題作品研究
 
 B01.jpg

 
今回は 5班の作品について紹介します。

〇E氏の作品
 テーマ 「海」
 B211.jpg 
 海がテーマなので海をメインの方が
 B212.jpg  
 B213.jpg   
 
〇O氏の作品
 テーマ 「四季の情景」
 全体的に もう少し暗くした方が良い
 B221.jpg
 B222.jpg
 B223.jpg
  
〇K氏の作品
 テーマ 「そぞろ歩記 for 2019」
 竜の顔に見えておもしろい->パレイドリア現象
 B231.jpg
 B232.jpg
 B233.jpg

〇K氏の作品
 テーマ 「鉄道賛歌」
 B241.jpg
 電車が傾いているので修正した方が良い--画面が狭くなるので注意
 B242.jpg
 B243.jpg

〇S氏の作品
 テーマ 「箕面散策」
 B251.jpg  

 B252.jpg

 B253.jpg
 これから 滝から下流に向かって撮って行く?

〇N氏の作品
 テーマ 「節気探訪」 
 良いテーマです。後はいい写真を!!
 B261.jpg

 B262.jpg
 
 B263.jpg


〇M氏の作品
 テーマ 「夏の日 色・彩」
 色が少し不自然
 B271.jpg

 星のピントがあまいー>明るいうちに雲にピントを合わせ マニュアルフォーカスにして ピントリングをテープで固定しておく。
 B272.jpg  

 B273.jpg

 皆さん 最終まで引き続き頑張って写真を撮ってください !!


修了作品・コーダイフェスタ作品の選定
 各班毎に 各人が選んできたデータより 先生と相談して修了作品とコーダイフェスタ作品を選定する。

各班の様子
 他の人も作品が気になるようです。
 B407
 
 先生も作品選びに真剣です
 B04.jpg

 どれが良いかな?
 B211
 
 他の人は順番待ちで 手持ち無沙汰のようです
 B12.jpg



次回 撮影実技Ⅳの解説
集合場所 時間  海遊館入り口前 9時45分 

〇海遊館 
・屈折により 水槽の50cmアクリル板の接着面が見えてくるので 出来るだけ 真正面から撮影する。
・ホワイトバランス:オート ISO:1600MAX シャター優先かプログラム撮影が失敗が少ない。

〇住之江競艇場
・追い写しー>シャタースピード:1/30~1/60秒でシャッター優先で撮ると後ろが流れる。
・スタンド上段では 長いレンズが必要(200mmぐらい)
・日向と日陰では明るさが大きく変わるので絞りに要注意
・ミラーレス 画像確認をしない設定で連写可能

                          5班 SO記

7月23日 コーダイカフェ・理事長と語ろう、夏季懇親会

7月23日 コーダイカフェ・理事長と語ろう、夏季懇親会

コーダイカフェ(旧白熱教室)(午前の部)
・今回は、委員長からの提案で、各自持参した写真作品(A4プリント、
下に各自の思いが記載された文章カード付き)を机の上に広げて並べました。
そして、各写真作品を見て、メンバーが感じたコメントを、各自が小さな付箋紙に記載し、
A4プリント周囲に貼り付けることから、コーダイカフェが始まりました。

机の上に、各自の写真作品(約40作品)を並べました。
コーダイカフェ(作品への思いを語ろう)-01

机の上の、各自の写真作品を鑑賞させて頂きます。
コーダイカフェ(作品への思いを語ろう)-02

皆さんの写真作品に、皆さんドンドン引き寄せられます。
コーダイカフェ(作品への思いを語ろう)-04

皆さん、だんだん夢中になって来られたようです。
コーダイカフェ(作品への思いを語ろう)-03

皆さんの写真作品やその下に記載された作者の思いに惹きつけられます。
コーダイカフェ(作品への思いを語ろう)-16

皆さんの写真作品を元に、メンバー間の会話も弾みます。
コーダイカフェ(作品への思いを語ろう)-17

皆さんの写真作品について、付箋紙(メンバーコメント)を作成します。
コーダイカフェ(作品への思いを語ろう)-14

委員長司会で、各自が自分の写真作品と、頂いた付箋紙コメントに対して答えました。
コーダイカフェ(作品への思いを語ろう)-20

皆さん、ご自分の写真作品の説明に、お話が弾みます。
コーダイカフェ(作品への思いを語ろう)-21

遠くからでも、ご自分の写真作品のご説明にお話が弾みます。
コーダイカフェ(作品への思いを語ろう)-22
今回の作品の中で、一番お金のかかっているのは
(作者は貯めたマイレージで行ったとのことでしたが)
アルプスの鉄道写真かも知れません(素晴らしい写真ありがとうございました)。
色々、楽しい時間を過ごすことができました。
委員長、太田先生、ありがとうございました。

理事長と語ろう(午後の部)
理事長代理も含めて3名の方が来られました。
理事長と語ろうのコピー

ブログ担当メモ:午前中のコーダイカフェより、午後の「理事長と語ろう」の方が、
白熱していました。メンバー(受講生)からコーダイ側への主な要望は以下の3点。
(1)公的支援による受講生負担軽減(理事長の府へのロビー活動要望)について
NPO法人大阪府高齢者大学校(高大)は2009年4月に創立で、
大阪府等の補助金は頂いていないとのことですが、年金生活者には、
コーダイの高い授業料を工面するのが大変です。コーダイ授業料を減らすために、
改めて大阪府等に補助金を頂けるような活動をして頂けませんか?
(2)カメラ芸術の系統的学習環境復活(研究科と創作科の復活)について
(3)クラスブログの公開範囲制限について
ブログ作成が大きな負担ですが、ブログ作成は必須(ノルマ)なのでしょうか? 
太田先生の授業内容(ノーハウを含む)の不特定多数への流出防止や、
写真画像等の肖像権、著作権等の保護について。
上記要望は、7月26日にコーダイ6階の事務局に要望書として提出しました。

太田先生からの修了写真集についてのご説明
クリアホルダー等を使って皆さんの修了写真集を作成するのも自由です。
97218447_20190725204246222.jpg

フォトブック等を使って皆さんの修了写真集を作成するのも自由です。
97218465_20190725204246d15.jpg

これが太田先生の作られた写真集の一例(素晴らしい内容で皆さん感動)
97218494_20190725204249de7.jpg

太田先生からは、修了写真集の作り方(テーマの決め方、写真の集め方、
写真集の構成の仕方や並べ方、更に写真の頭(1枚目)と尾(最後)を決めた後に
どうやって、その途中に入れる写真を決めるか、並べるか等、色々教えて頂きました。

修了写真展のご説明
 場所:天満橋のOMMビル1階のリコーイメージングスクエア大阪
 開催日(変更有り):2020年1月29日(水)から2月10日(月)
 搬入:1月27日(月)16:30〜
 搬出:2月10日(月)16:00〜

夏季課題は以下の2つ
・1テーマで3枚の写真を撮って来ること(9月3日の夏季課題作品研究にて発表)
(太田先生談:今までの作品研究では、提出して頂く3枚の写真はそれぞれ互いに
異なる別々のテーマでもOKとしてきましたが、夏季課題においては、同じ一つの
テーマで3枚の写真を提出して下さい。修了写真集には一つのテーマで30枚以上
の写真が必要になりますので、皆さんにはこの練習をしていただきます)
・修了写真展とコーダイフェスタの展示写真の準備(各自JPEG10枚以上準備すること)
 修了写真展とコーダイフェスタで展示する写真(各1枚、同じでも可)を9月3日に
 太田先生が選定しますので各自10枚以上(20枚でもOK)の写真画像(JPEG)を
 夏休み中(8月中に)用意し、9月3日にUSBメモリーに入れて持参すること。

9月10日の競艇場等での撮影実技について
・フラッシュ(ストロボ)は使用不可。
・三脚や一脚も共に使用不可。
太田先生より競艇の撮影方法(シャッター速度、画面の構成等)等も、
色々教えて頂きました。

授業終了後に夏季懇親会
夏季懇親会

ブログ担当:N(大変なので次回以降、ブログは簡単にしたいですね)

7月16日 プリント実技Ⅰ・プリント研究会

CDよりの連絡事項
 本日の予定 午前:プリント実技Ⅰ 
          午後:プリント研究会・自由討論
 7月23日予定 午前:コーダイカフェ 
           午後:理事長と語ろう
              修了作品集制作解説・夏期休暇課題発表と作品研究解説
           15:30 夏季懇親会
S委員長よりコーダイカフェの進め方について(重要連絡なので冒頭に)
 ・各自が自分の思い入れのある写真を選択してA4サイズにプリント
  作品は公開、未公開いずれでも自由
 ・作品の下に本日配布のカードに写真を撮った理由、心境などのコメントを添付
 ・当日 作者以外の方が自分の気になる作品に対して
      ・どこが気になるか
      ・良い点、改善点
      などを自由に付箋にてコメントする(無記名)

プリント実技Ⅰ(午前)
太田先生よりプリント実技に対して注意事項
・写真の最終形態はプリントであり、如何によい作品に仕上げるかが重要
・まずノズルチェックしてプリンタの状態を把握すること
・プリンタの接続はPCの後部USB端子に接続のこと、サイドのUSB接続では
 PC内にプリンタプロファイルのコピーが増殖する
・テキストをよく読み、マニュアル通りに操作すること

いよいよプリントスタート、まずはテキスト熟読して作業開始
P1060888_079.jpg

真剣にプリント作業中
P1060893_080.jpg

CDも駆り出されて応援
P1060908_081.jpg


プリント研究会・自由討論(午後)
太田先生より進め方について
・午前中でプリントした作品の中から一人1点を机に並べる
・一人一人が自分の気になった作品を選び聞きたいことを作者に質問する
・作者が質問に対して答える
・時間のある限り全員参加

このような形でプリント研究会がスタート
P1060916_082.jpg

まずはよく作品を見て研究
P1060918_084.jpg
P1060917_083.jpg

作者が質問に答える
P1060928_085.jpg

太田先生も自作品に対して応答
P1060932_086.jpg

太田先生を交えて作者と白熱討議
P1060959_087.jpg

S委員長も厳しい質問にタジタジ
P1060985_088.jpg

最後に太田先生がまとめ
P1060988_089.jpg

きれいにプリントするには
・メーカー毎に紙のプロファイルが異なるので正しく合わせること
・ノートPCの場合モニターの角度に注意、一番暗く見える角度(約45度)に調整
 これが合っていないとモニターとプリントの明るさが違ってくる
 (補足 あるいはプリントに近く見えるモニター角度を探すのも一つの方法)
・モニターからプリンタまでのカラーマッチングでは最終的にはプリンタに
 モニターの色温度などを合わせること
 写真のようなRGBのカラーチャートを作成して合わせるのも一つの方法
 機材力を発揮して専用モニターや調整ソフト、カラーモンキーフォト(調整器)
 などを揃えられればベスト
・プリントした作品は5000ケルビンの光で見ること
 照明光としては直射日光でない窓辺の反射光や3波長蛍光灯など
 LED照明は正しい色が見えないのでダメ
・印刷ムラをなくすためには双方向印刷をOFFにしておくこと

午前のプリント実技から始まり午後のプリント研究会と自由討論、太田先生のまとめ
など写真印刷に拘った1日となりました。
太田先生長時間に渡りお疲れ様でした、ありがとうございました。
                                           3班 T.E
 
プロフィール

76camera2019

Author:76camera2019
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR